新卒社会人1年目の日常 (8)

3日目  4月3日(金) 曇り

 社会人の朝は早い。AM6:20。スヌーズ中のアラームを止める。

 RADWIMPSをイヤホンガンガンゲームくらい爆音で流し、ノリノリで職場へ向かう。今日は、気分がいい。なぜなら金曜日だからである。大学時代は、常に休日のようなもので曜日感覚が存在しなかった。華の金曜日ってなんやねんと、馬鹿にしたこともあった。でも今ならいえる。金曜は華である。この感覚を持った時、自分が社会人になった事を改めて実感する。

 上司Aから言われた本日の仕事内容は、2つ。
午前→昨日終わらなかった書類を完成させる。
午後→部署全体の会議に出席し、その内容を議事録でまとめて全員に共有する。

早速書類づくりに取り掛かっていると、部署でトップの地位に君臨する【課長】から名前を呼ばれる。駆けつけると、あと2部すぐにコピーしてこいと、300枚くらいの資料を渡される。
 はい!と大きな声で返事したはいいがコピー機の使い方に手間取る。知らないボタンをピコピコ押してみる。できない。最終的に、近くにいた上司にやってもらう。
 何とかコピーできた計3部の資料を大慌てで課長へ提出すると、課長の眉間シワが寄る。

 「こういう時は、1部ごとにクリップでとめようよ。あと、どれが原本でどれがコピーなのか一言添えなさい。」

 強い口調で言われ、シュンとした。怒られたわけではなく、常識を指導してくれたのだと分かっていても気持ちは沈む。悔しい。
 謝罪をして、席に戻るとバレない様に課長を睨みつけた。いつまでも、いつまでも。

 ちなみに午前中、資料作りはまたしても終わらなかった。

続き→https://gumondana.com/everyday-lifeofworkingpeople9

“新卒社会人1年目の日常 (8)” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です