新卒社会人1年目の日常 (7)

前回→https://gumondana.com/everyday-lifeofworkingpeople6

 資料作りの話は一旦置いておこう。2日目のお昼休みの話をしよう。

 相も変わらずコンビニへ行き、おにぎりと野菜ジュースを大きな手で乱暴にむしり取る。投げ捨てるようにお金を払い、薄暗い自分の席へ戻った。

 もしかしたら今日は会話に入れてくれるかもしれない、仲良くしてくれるかもしれない。そんな期待は虚しく泡のように弾け飛んだ。この会社に何かを求め期待するのは、間違いなのかもしれない。ひとり黙々とコンビニ飯をかき込んだ。

 昼食を食べ終わると居心地が悪くなった僕は、ある場所へ駆け込んだ。個室大便トイレ。その場所には実家のような安心感があった。とても居心地がよい。実家と唯一違うのは、不意にやってくる強烈なアンモニア臭くらいである。
 お昼休みが終わるまでそこでポチポチ携帯をいじった。

 さて、仕事の話に戻ろう。昨日の僕だったら、やることが無くて、昼休みに誰とも仲良くなれなかった事をいつまでもグチグチと引きずっていただろう。しかし、2日目の僕はひと味違う。任された仕事がある。最初は全くExcelが扱えず、悪銭苦戦していた書類作り。もうやりたくないとかそんな事も思っていたが、仕事(役割)があるって案外悪くない。

 喋る人がいない。友達がいない。同期がいない。今日の僕は3つのいないを考えない。
 あぁ、仕事っていいもんだ。僕は会社に友達を作りにきているんじゃない。仕事をしにきているんだ。なめた考えは捨てて一生懸命仕事に取り組もう。全力で腕まくりした。

 結果として、Excel技術が向上せず、本日中に仕上げることは出来なかった。

 終わらなかったの⁉とこちらを見る上司Aの視線を横目で感じてはいたが、一生懸命仕事に取り組んだ僕の顔は、どこか誇らしげであった。

 業務終了の歌が流れると同時に逃げるように帰宅した。

日目   完。

<<<次回、華の金曜日編>>>→https://gumondana.com/everyday-lifeofworkingpeople8


“新卒社会人1年目の日常 (7)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です