新卒社会人1年目の日常 (1)

1日目  4月1日(水) 雨

 社会人の朝は早い。AM6:00。眠い目をこすりながら鳴り響くアラームの音を止める。社会人1日目が幕を開けた。
 朝食を済ませ、スーツを着用。大量のワックスを手に取り髪をオールバックにする。鏡に写った自分の顔には、まだ見ぬ今日そしてこれからの日々への期待と不安が入り交じっていた。昨日までのお気楽大学生の自分とはおさらばだ。ふぅと一息ついてから玄関の扉を開き、社会人の第一歩を踏み出した。

 

 通勤は電車と徒歩を駆使して30分ほどかかる。会社に向かって歩くと常に逆風が吹いているように感じた。足取りはとても重い。自分の存在は社会に拒絶されているのではないか。行くのを断念すべきではないか。そんな気がしたコンマ数秒後、足下から視線を感じた。

 そっと足下に目をやると、そこには小さな白い花が咲いていた。辺り一面コンクリートの中でたった一輪、純白で美しい彼女は力強くたっていた。劣悪な環境にも負けず必死に食らいついて今を生きようとしている彼女の姿勢に感情を刺激された。自分も頑張ろう。彼女を見ているとなんだか自分もそんな風に思えた。『サオリ、ありがとう。仕事頑張るわ。』僕は、なんとなく彼女をサオリと名付け、再び会社へ向かう。足取りはとても軽い。

 会社の前にたどり着くと、初出社からくる独特の緊張感が全身にまとわりつく。声に出さない意気込みをして集合場所へ足を運んだ。
 集合場所には、全体で200人いるはずの同期のうち10人がいた。俗にいう新型コロナウイルスの影響が響き、全員での入社式と研修の中止が宣言されており、ここにいる10人で入社式的なのをやる旨が伝えられた。
 この一連の流れで僕が思ったことは、ただ一つであった。『この感じだと初日は、入社式的なのが終わったらすぐに帰れそうだぞ。』ニヤニヤが止まらなかった。

  

 そう、この時の僕はこの後起きる悲劇を何一つ予想していなかった。

続き→https://gumondana.com/everyday-lifeofworkingpeople2